2007年11月03日

いたづらしちゃう?


ハロウィン用に、「この娘さんはお菓子をくれないそうなのでイタズラしちゃってください。」という脱衣ブロック崩しゲームを作ろうと思っていたのですが、企画倒れに終わったのでラフだけ貼っておく。そのうちリサイクルして、なんか可愛い服着せて色塗ってアップします。

先日、今更ながらに、『プリズム・アーク』の画集を買ってきました。何時の間に売ってたんだ…。(ネタバレ:ていうかもしかしてプリーシアたんの母親はアンジェってことですか!?確かにそれならプリーシアたんがキザーロフの娘だということを皆が知らない事情も解るような…。)プリアはプレイしてないので知らなかったのですが、主人公の同室3人組とのエンディングってもしかして無いの!?発売前にキャラ発表された時、あの3人を見て、「あらまイイカンジに揃えたものねぇ、BL方面にも対応なのねぇ。嫌いじゃなくってよ〜♪」とか思ってたのに!前作にはCG1枚もないとはいえキザーロフエンドあったから今回もそういうのあると思ってたのに!ちょっとショックだ…。男性向けゲームにBL持ち込むのもアレだけどさ。ところで、美少女ゲームって女主人公が男を落とすゲームと違って、男(主人公)から女(ヒロイン達)への好意が絶対である、という部分は女性には心地良く遊べるんじゃないかと分析してみる。ヒロイン達に感情移入して楽しむ上で、美少女ゲーって乙女ゲーよりもより女性向けな部分ってあると思うのです。美少女ゲーの主人公って大抵イケメンの完璧超人だし、そんなのに迫られてニヤけない女がいようか、いや、いない。反語。逆にあらゆる美少女ゲームの主人公を集めた女性向け恋愛ゲームというのを作ったらどんな感じなのか見てみたいもんだ。純愛ゲーの主人公と鬼畜陵辱ゲーの主人公、とかじゃない限り、すっげーキャラ被ってそうだけど(特に髪型とか)。それよりも、主人公の親友or悪友キャラ・ライバルキャラ勢揃いのゲームの方がキャラが濃ゆくて面白そうか。主人公キャラといえば、私は昔、浩之ちゃん(KSSアニメ版/ゲーム未プレイ)と結婚してました。彼に惚れた男女は少なくないと思う。
posted by 玖 at 07:44| Comment(0) | 絵 【オリジナル】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: